ファインステージ銀座イースト

ファインステージ銀座イースト 外観
ファインステージ銀座イースト

近隣施設:中央区役所

このようにして始められた高利の呉服店越後屋が一躍その名をあげたのは,呉服屋街である本町を離れて,天和3年(1683)に南隣りの駿河町に移ってからであった。ここは現在日本銀行のある旧金座の東に続く両陸店街であった。同業者が集まって町内を形成するのを原則として京都蛸薬師町呉服店西店跡(現京島予星亀廣鼠昭和5り年撮彭)いた当時に,いわば銀行街ににわかに呉服屋が1軒できるのは異例のことであり,抵抗も大きかったに相途ない。店を半分に仕切って|吋替屋を開業したのはやむを得なレ妥協措置であった。これが現在三越本広の一角にあたる,江戸における最初の三井家所有地である。この駿河町移転則炭会に大々的に宣伝し,飛躍的発展の契賜となった有名な7銀行なしの新商法は,要するに顧客層の拡張と資金回転を速めることを狙いとしたものであった。正札付,現金販売によってふりの客を招き寄せると同時に,当時の慣行であった節季払いでなく現金収入を碍ることをめざしたのである。この呉服店の向いに,木綿と関東絹を現金掛饒なしで売る「綿店」(のち向店と
改称)を闘店した。高級絹を扱う木店と人衆向きの綿店とを併設したわけである。こうして,かつては鰍々しレ銀行街であった駿河町は,間口のひろい衣料店が向き
合い,婦人客ににぎわう輦やレだ江戸名所のひとつとなった。両替店の公金為替請負と不動産というと,高利はその晩年に,のちに「家方」1という部局をおいて管理することになるほど大量の不動産を買収した。高利の没後ではあるが,宝永7年(1710)度の三井家の総資産銀9072貫目(約金15万1200両)のうち,4138阿目(約金6万9000両)は不勣産によって占められている。しかもこの不勣産価額は江戸,大阪の分だけで京都が所まれていないから,実夥はいっそう高額であったはずである。それを別にして資産の45%を不動産に投じていたのであって,この順向はその後も増加していた。これら膨大な不動産のうちに営業店舗の土地も含まれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です