ファミールグラン銀座4丁目オーセンティア

ファミールグラン銀座4丁目オーセンティア 外観
ファミールグラン銀座4丁目オーセンティア

中央区の不動産会社の経営理念・行動指針を作った。民間ディベロパーは、良好な住環境と良質な住宅を公正な価格で大量に供給することが社会的使命であるとの自覚に徹し、事業を遂行する。民間ディベロパーは、長期的視野に立って、社会のニーズに即応し得るよう、企業体制の改善に一層の努力をはらう。民間ディベロパーは、開発事業の遂行にあたって、国土の有効利用、自然環境および地域社会との調和を図る。行動指針、 土地取得、慎重な事業計画に基づいてなすものとし、投機を目的とした土地取得は行わない。②土地取得にあたっては、秩序ある取得を行い、不当に価格をつり上げぬよう努める。開発にあたっては、公的な土地利用計画に即応するとともに、将来の地域社会の動向
を見極めて、望ましい土地利用を実現するものとする。②取得した土地は、国、地方公共団体の協力を得て、可能な限り迅速に事業化し、住宅・宅地の大量供給と地価安定に資する。圓開発にあたっては、地域社会との協調および自然環境の保全に留意するとともに良好な環境の形成に努める。㈲良好な市街地環境の創造、都市の防災化、住宅供給の促進を図るため既成市街地の再開発事業を積極的に推進する。圓開発にあたっては、企業間の共同開発方式および官民共同開発方式の積極的な活用を図るよう努める。㈲良好な住環境と健全なコミュニテイを形成するよう開発技術の刷新向上、開発技術者の養成・充実等開発体制の整備に努める。供給剛宅地建物取引公正競争規約にのっとり、需要者に対して一層正確な住宅・宅地の情報を提供する。閲地価公示価格、鑑定評価額等を考盧した適正な価格に基づき、低廉、良質な住宅・宅地の供給に努める。③販売にあたっては、原則として公募により、実需要者に供給するよう努める。㈲企業は、販売後の管理に万仝の配慮をなすよう努める。東京二三区の面積五万数千ヘクタールのうち、人が住むために使っている敷地の面積は二万ヘクタール強と推定されている。これを人口八〇〇万人で平等に分配したとしても、一人当たり二〇数㎡、平均世帯人員三人として、一世帯当たり八〇㎡弱。これで庭付き、
一戸建てに固執しては、ミニ開発以外の何ものでもない。二三区の中で一種住専があり、一戸建てが存在し得るのは、一人当たり一〇㎡程度しか土地を使っていない木賃アパートなどの環境の犠牲の上に成り立っているのである。二三区の一戸建て住人は[すみません」と肩身の狭い思いをすべきだ。これは、私が二〇年ぐらい前、日照権問題が華やかなりし頃、ある大新聞の女性記者に話したことばである。事実。住宅統計調査によると、一戸建て、長屋建ての住宅の敷地で一〇〇㎡未満の敷地が東京二三区で五〇%を、大阪市では六〇%を超えている。都市環境の改善とか居住水準の向上とが机上のきれいごとでなく、これらのミニ宅地をいかにまとめて再開発するかが、都市問題、住宅問題の最大の課題である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です